アーティフィシャルフラワーを利用して

アットホームなウエディングを夢見ている花嫁なら、高価な宝石よりも手作りアクセサリーのほうが似合いますよ。耳元や首元に小さな花を咲かせていきましょう。ウエディングの後は、日常のシーンでも役立ちますよ。たとえば、ピンクの花帽子なんかもいいですよ。つば広の帽子にアーティフィシャルフラワーのバラをつけるだけなので簡単です。淡いピンクの色が上品でよく、リネンや木綿のドレスによく似合いますよ。短いチュールをつければ華やかさが増すでしょう。

ゲストの視線を集めるアクセサリーを

ベルベット素材の白いリボンを用意して、ロングチョーカを作ってみてもいいでしょう。首に巻いた時に正面にくる位置にシルバーのビジューやビーズを付けると花嫁が微笑むたびに光を受けて輝いてくれますよ。また、市販されているピアスの土台に、小さな白花のオブジェを付けたピアスには、花の中心に光るビジューを施しましょう。それにゴールドのチェーンを垂らせばキラリと揺れるので素敵ですよ。また、お気に入りのヴィンテージネックレスがあるのなら、プリザーブドフラワーのバラを貼りつけてもいいでしょう。花は赤にしておけば、花嫁がまとう白い衣装の中でこの色だけがとても印象的になりますよ。

シンプルドレスをチャーミングに

シンプルなドレスならウエストラインに沿ってコットンパールを走らせてもいいでしょう。綿を球状に圧縮して真珠風の塗料を塗って仕上げるといいですよ。大小混ぜてバランスよく土台のリボンに貼っていくだけなので簡単にできます。パーティの後はロングネックレスとしても使えますよ。

結婚式と言えば、余興がつきものですが、長崎の結婚式場では蛇踊りが披露されることもあります。長崎ならではの名物演出で、場が盛り上がること間違いありません。