至福のひと時を過ごす

香り豊かで見ているだけでうっとりするバラは、花の中でもスペシャルな存在感をはなっていますよね。そのバラを贅沢に使うには、会場はホテルがよく、二人にとってもゲストにとってもかけがえのない一日を約束してくれますよ。たとえば、メインテーブルはスイーツブッフェを思わせるように、異なる大きさの花を組み合わせて上品さの中に遊び心をプラスしてみるといいでしょう。ピンクから赤のグラデーションにパープルを加えてより華やかにするといいですよ。バラの花びらもふんだんに散らしてロマンティックに仕上げていきましょう。

気品の中にロマンティックな彩りを

ゲストテーブルでは、白ナフキンに真っ赤なバラをさりげなくコーディネートしましょう。白磁の美しさをより引き立ててくれますよ。メインフラワーはスイーツのようにバラを盛り付けて甘い雰囲気にするといいですよ。ガラスの器のサイドにはリボンを巻いて細部にまでこだわりましょう。オイルキャンドルを組み合わせても素敵ですよ。席札などペーパーアイテムもゴールドのバラのモチーフを用いてスイートに仕上げていきましょう。

会場全体をスイートに

ウエディングケーキには各段に花びらを散らしてアクセントにしましょう。ケーキの下にはメインテーブル同様にスイーツをイメージしたバラの演出を施すといいですよ。バックフラワーはガラスの器にバラの一輪挿しをあしらえば、まるでコーン形のアイスクリームのようです。ところどころにグリーンを添えて、全体を引き締めていきましょう。また、披露宴前にミニバラをあしらったカクテル、お見送りで渡すドラジェも二色のバラチョコなどバラのおもてなし演出をあちこちに散りばめておくといいですよ。

京都の結婚式場には様々なタイプが存在するため、インターネットによる情報収集やブライダルフェアへの参加などを行い、十分に比較しながら選ぶことがポイントです。