テレビが見やすい座面の高さ

ローソファは座椅子のように、座面が低めになっているのが特徴です。座ったときにテレビが見やすいような、ちょうどよい座面の高さを選ぶ必要があります。テレビ台のほうが少し低いくらいだと、見上げることもなく目の負担も少ないでしょう。

幅は余裕をもって決める

何人で座りたいのか、用途によって幅を選ぶ基準も変わってきます。二人用のソファを選ぶとしても、商品によって幅が違っているのもチェックしたいポイントです。幅には余裕をもたせ、実際に座ってみて窮屈に感じないものを選ぶと良いでしょう。

幅と同じように奥行きも大事

幅を選ぶときに、併せて確認したいのが奥行きです。座面の奥行きが狭いと、横になったときの安定感が少なくなってしまいます。ゆったりくつろぐためには、奥行きが広く自分の好きな座り方ができるものを選びましょう。

座り心地を左右する衝撃吸収材

ソファにはS字バネやコイルスプリングなど、座り心地を左右する衝撃吸収材が使われています。材質によってクッション性が変わり、価格に比例して座り心地も良くなっていくのが一般的です。長く使いたい場合には、耐久性の高いものを選ぶと安心でしょう。

ソファの印象を決める張地の素材

本革やファブリックなど、張地の素材によってソファの印象も変わります。見た目はもちろん、肌触りなどの実用性もしっかりチェックしておきたいところです。ファブリックはカラーバリエーションが豊富で、価格もリーズナブルで気軽に購入できます。本革は使い込むほど質感がこなれてきて、色味に深みが出てくるのが大きな魅力でしょう。

ソファ ダイニングとは、テーブルで食事を囲めるダイニングとソファのようにゆったり寛げる機能を併せ持った家具です。お洒落なデザインの物も多く、コンパクトスペースでもカフェ気分で過ごせます。